港区でデザイナーズマンションライフを始めてみませんか。
想像するよりもハードルは高くありませんよ。

 

 

・住みやすさを求めるのなら治安がいい港区が最適

 

都会ならではの華やかさに満ち溢れている港区。
おしゃれなレストランやバーが立ち並ぶ繁華街もありますが、芝公園や毛利庭園といった豊かな緑が広がるエリアもあるなど、いろいろな表情を持っています。

 

 

 

 

かつてはオフィス街やプレイスポットという印象が強かったこともあり、港区に住んでいるのは政財界の大物や一流芸能人ばかりと思われていました。
もちろん、事実に反します。昔から港区で普通に生活をしている人は数多くいます。最近では転入する若い方が増えているのです。

1980年代後半のバブル期には土地の価格高騰により、入居は困難でした。

ところが2000年ぐらいから、流れが急変。
湾岸エリアを中心として、マンションの供給量が増加。
さらに港区では新婚世帯に抽選で家賃を補助するといった転入を増やす努力を行い、順調に人口が増加。
1995年には約14万人だった人口が、2015年には約24万人に。
住宅エリアとしての認知度が高まり、現在も人口は増加を続けています。

都内でも港区は特に大使館が集中しているエリア。日頃から警備が厳重なので、
治安は良好です。おしゃれなスポットで楽しい時間を過ごし、
安全かつ平和に暮らすことができます。

 

 

 

・港区には素敵な賃貸デザイナーズマンションがいっぱい

 

有名建築デザイナーがこだわって設計したマンションのことを、
デザイナーズマンションといいます。

デザイナーの個性が色濃く反映されたコンセプトをもとに、気品、斬新さ、
遊び心、近代と伝統の共存といった多様な視点によって創造される
オリジナリティー溢れる空間が大きな魅力。

コンクリートの打ち放しの壁、螺旋階段、ガラス張りのバスルーム、壁材、建具など、すべてにおいてスタイリッシュであることが特徴といえます。

 

 

 

 

デザイン性にこだわりが強いおしゃれなマンションですが、
建物の構造上の品質や強度において一般的な物件と変わるところはありません。

そのような素敵な賃貸デザイナーズマンションが港区には
数多く立ち並んでいるのです。

ウォーターフロントエリアのお台場や外国人に人気の六本木などのおしゃれな
エリアが区内にたくさんあることも要因といえます。

東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、赤坂サカス、汐留シオサイト、虎ノ門ヒルズといった便利かつ楽しい商業施設も多いので、賃貸デザイナーズマンションでの生活を考えているのであれば、住みやすさで選ばれている港区がおすすめです。

 

 

・港区にある賃貸デザイナーズマンションの家賃の相場

 

デザイナーズマンションは高級マンションと混同されることが少なくありませんが、一般的なマンションの平均価格と同じぐらいのデザイナーズもあります。
あらゆるデザイナーズの家賃が高いとはいえないのです。

エリアや時期によって家賃相場は異なりますが、そのエリア内で条件が似通った賃貸の家賃に12万円上乗せした価格と考えるのが一般的。
デザイナーズは設備が充実しているので、多少の上乗せは当然といえるでしょう。

港区は都会の中心地に位置しています。他のエリアと比較すると、家賃の価格は決して安くはありません。

1K1R1DK2DKのデザイナーズの物件ならば15万円前後から。
2LDK以上となると30万円以上が相場です。

ただしワンルームタイプでは10万円を下回る物件もあるので注意深く探してみては。

今も昔も港区は住んでみたくなるおしゃれなエリア。

さらにセレブな気分を味わいたいのであれば、スタイリッシュなデザイナーズマンションに入居するべき。

ちょっと勇気を出せば、人生が変わるかもしれない素敵な生活が始まるかもしれませんよ。